宝塚でつむぐ、つなげるアートな日

2022年1月2日(日)
ホテル若水

アートと泊まるプロジェクト 新春人形劇まつり

#子ども向け #舞台芸術

日時・演目

2022年1月2日(日)
 14時~14時30分 「森のちいくまちゃん」(人形劇団クラルテ)
 16時~16時30分 「わくわくドッキン!こぶたのりんご」(人形劇団クラルテ)
 20時~20時30分 「ちいさなショー☆タイム」(人形劇団京芸)

※各回20分前開場

対象・費用

対象:どなたでも(要申込・各回15名定員・先着順)
費用:参加費500円(未就学児無料)

会場・申込方法

会場:ホテル若水2階瑞兆の間
申込方法:ホテル若水(℡86・0151)に直接電話

《アートと泊まるプロジェクト》について

《アートと泊まるプロジェクト》は、「文化芸術のまち宝塚」ならではの取組として、市内ホテルと連携しながら芸術鑑賞・体験付き宿泊プランのリリースを目指す実証実験プロジェクトです。
同プロジェクトでは、音楽家等をホテルに派遣、また、客室やロビー等に期間限定でアート作品を展示します。

「サクソフォン&ピアノ ミニ・コンサート」

開催日時:2021年12月11日(土)18時45分~19時15分
会場:宝塚ホテル
出演:崔勝貴(サクソフォン)ほか

アート作品の展示

2021年10月1日から31日までの期間、アート作品は公募し、全国117名の方から207点の作品をご応募いただきました。
この度、厳正なる審査を経て、入賞者6名の作品を展示します。

展示会場:ホテル若水、宝塚ホテル、宝塚ワシントンホテル
展示期間:2022年1月~2月
※具体的な展示期間は展示会場によって異なります。

人形劇団クラルテ

人形劇団クラルテは1948年、第二次世界大戦後の大阪の焼け跡から生まれました。 「クラルテ」とはフランス語で「光」「ともしび」という意味があります。たとえささやかなものであっても、明るい文化の火をともし続けたいという思いは、創立当初から変わることはありません。

 人形劇団クラルテは、あかちゃんから大人まで楽しめる人形劇をつくり上演しています。学校の巡回公演は劇団創立当時から重要な活動として継続し、また幼児のためには「おひさま劇場」という公演スタイルで全国を飛び回っています。大人を対象としたものとしては、近松門左衛門、シェークスピアなど古今東西の名作を現代人形劇として取り上げ毎年秋に劇場上演しています。また、人形劇向上のためにアマチュア人形劇団や先生方への人形劇指導、子どもの文化に関する講演、人形作り・ワークショップなど行っております。

人形劇団京芸

1949年に創立されたプロの人形劇団。京都府の宇治市を拠点に、全国の幼稚園、保育園や小学校、会館などで上演を行っている。1997年の『モモ』により、人形劇団として始めて文化庁芸術祭優秀賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

<作品紹介>
『小さなショー☆タイム』は小さな舞台で行われる「小さな音楽会」と「小さなマジックショー」の2本立てです。「小さな音楽会」ではお兄さんと小さなくもちゃんが掛け合いをしながら曲を一緒に演奏します。「小さなマジックショー」は小さなマジシャンと小さなうさぎが一緒に手品をします。子どもから大人まで、みんな笑顔になる人形劇をお楽しみください。

日付

新春人形劇
2022年1月2日(日)~2022年1月2日(日)

場所

ホテル若水
宝塚市湯本町9−25

ジャンル

  • 子ども向け
  • 舞台芸術