宝塚でつむぐ、つなげるアートな日

1月23日(日)~3月14日(月)
ソリオホール、宝塚市立文化芸術センターほか

takarazuka hopegraphy

#子ども向け #展示会 #ワークショップ #その他

takarazuka hopegraphy とは

『takarazuka hopegraphy』は、「hope(希望)」と「calligraphy(書道)」を合わせた造語で、日本の伝統芸能である書道を絡めて、《コロナ禍を乗り切る 希望のシンボルとなるような作品を皆で作る》という意味が込められています。

この企画では、美文字ワークショップや『宝の横断幕』制作プロジェクトなどの実施を予定しておりますので、ぜひご参加ください♪

青柳美扇トークショー&美文字ワークショップ

手塚治虫原作のテレビアニメ「どろろ」の題字を手がけるなど、世界で活躍されている書道家・青柳美扇さんをお招きし、トークショー&美文字ワークショップを開催します!

トークショーでは、青柳さんに宝塚とのご縁や今回の「宝の横断幕」の制作秘話などをお聞きするほか、参加者から寄せられた疑問や質問にざっくばらんに答えていただく質問コーナーを設けます。また美文字ワークショップでは、青柳さんとともに書道を体験し、「自分だけの作品」を創っていただきます。

どの年代の方でもお楽しみいただける内容ですので、ぜひご応募ください!親子でのご参加も大歓迎です♪


【青柳美扇トークショー&美文字ワークショップ】
日時 2022年1月23日(日曜日)
開場 13:30~  開演 14:00~
場所 ソリオホール(ソリオ1 3階)
参加費 無料
定員 86名(応募者多数の場合は抽選)
受付期間 11月1日(月曜日)~11月30日(火曜日)
※はがきでのご応募の場合は、11月30日(火曜日)必着

申込方法、注意事項等は、下記PDFファイルよりご覧ください。

『宝の横断幕』制作プロジェクト

新型コロナウイルスの流行により、いま世の中は悲しい話題ばかりで、まちは元気を失いつつあります。

このプロジェクトでは、コロナ禍からのまちの復興、そして皆の明るい未来を願い、希望のシンボルとなる横断幕作品を制作しています!

横断幕は「宝塚のまち」をテーマとしたデザインとなっており、本市ゆかりの書道家・青柳美扇さんと宝塚市近郊にお住まいの方々が《間接的書道パフォーマンス》として共同作品制作を行っています。

参加者は、幼稚園に通うお子様から今年100歳になったおばあちゃんまで、総勢593名の方にご協力いただいております。

完成作品は、『青柳美扇トークショー&美文字ワークショップ』にてお披露目された後、以下の日程で展示を予定しております。
横断幕を見上げて、前向きな気持ちになっていただけると幸いです。
ご来場の際は感染対策を徹底したうえでお越しください♪

【展示場所・展示期間】
・ソリオ宝塚 メインプラザ(2022年1月23日(日)~3月14日(月))
・宝塚市立文化芸術センター キューブホール(2022年1月25日(火)~2月8日(火))

青柳 美扇(あおやぎ びせん)

フランス、アメリカ、UAE、書の本場中国をはじめ、世界中で書道パフォーマンスを披露。
国内では東京2020公認オリンピアード【東京キャラバン】に書道家として連続出演。
2020年1月1日には国立競技場にて行われたスポーツイベントのこけら落とし、JFA【天皇杯】にて約6万人の観客を前にオープニングアクトとして書道パフォーマンスを披露。
また、【FIBA男子オリンピック世界最終予選】公式試合球の筆文字デザインを担当。
2021年には、国立競技場貴賓室の巨大屏風作品や壁面文字を手掛けている。

日付

青柳美扇トークショー&美文字ワークショップお申込み期間
2021年11月1日(月)~2021年11月30日(火)
青柳美扇トークショー&美文字ワークショップ
2022年1月23日(日)

場所

ソリオホール
兵庫県宝塚市栄町2丁目1−1

場所

宝塚市立文化芸術センター
兵庫県宝塚市武庫川町7−64

ジャンル

  • 子ども向け
  • 展示会
  • ワークショップ
  • その他